大東工業株式会社
大東工業株式会社 TOP ギヤポンプとは 見積照会 導入例 ギヤポンプのトラブル Q&A 会社案内 採用情報
TOPギヤポンプとは
  ギヤポンプとは
ギヤポンプの作動原理
ギヤポンプの特性
大東工業製ギヤポンプの特徴

ギヤポンプの作動原理

ギヤポンプの作動原理
1. 上下の歯車(図A・B)が矢印の方向に回転します。
2. 中央で歯が噛み合い、開く時に負圧が生じ、液を吸い込みます。
3. 液は歯車の外を回って歯の噛み合い時に絞り出されます。
4. 歯車の外周の隙間を、トップクリアランス、
歯車の両側面の隙間を、サイドクリアランスといい、この極めて小さい隙間の中で歯車は回転します。
5. 液の流れ方向は、図SからD方向となります。
▲ページTOPへ  

ギヤポンプの特性

1.渦巻きポンプとのちがい
■ ギヤポンプの場合 ■ ■ 渦巻きポンプの場合 ■
ギヤポンプの場合 渦巻きポンプの場合
 ギヤポンプは、渦巻きポンプに比べて、圧力上昇に伴う吐出量の変動が少なく、定量性があります。
 回転速度を変化させることにより、吐出量をコントロールすることが容易です。
 従って、インバーターや変速機付モーターを付属させる事により、流量制御が可能です。
 さらに、送液の粘度変化に対応し、回転速度を変化させられますので、低粘度から高粘度まで、1台のポンプでまかなうことができます。
▲ページTOPへ  



2.粘度の変化による吐出量の変化
粘度の変化による吐出量の変化
 同一のギヤポンプで送液の粘度を変化させた場合、内部の隙間(各クリアランス)から吸込側へリークする量は粘度によって異なります。上記の図のような傾向となります。
 高粘度液ほど、圧力上昇による内部リーク量は少なく、ポンプの1回転あたりの吐き出し量に回転速度を掛け合わせた吐出量(理論量)と実際の吐出量との差は少なくなります。その割合は、実際の吐出量を理論量で割った値(容積効率%)で表されます。
▲ページTOPへ  



3.軸動力とポンプ効率について(検査成績書の見方)
軸動力(モーター出力)PWは、水動力Wをポンプ効率ηPで割った値で求められます。
軸動力(電動機出力)PW
水動力Wとは、液を移送する上でのポンプの実際の仕事量をkWで表した値です。
水動力W
ポンプ効率は、ポンプの構造・送液の粘度・回転速度 等により
変化します。一例としてのテストレポートを参照ください。

水動力W

▲ページTOPへ  

大東工業ギヤポンプの特徴

1.自吸能力〔MAX −9.5m〕
 自吸能力が高く、地下槽からの液の吸い上げや真空槽からの抜き出し等に使用できます。
自吸能力〔MAX −9.5m〕
2. 吸込側圧力〔MAX 5.0MPa〕
吸込側のバック圧がある場合でも、シールレスギヤポンプや両軸封式ポンプで対応可能です。

3. 吐出側圧力〔MAX 10.0MPa〕
高圧にも耐えうるポンプの製作が可能です。
吐出圧力の変化に対して吐出量の変化が少なく、定量性の特長を持ちます。
高圧ガス認定品の製作も可能です。ご相談ください。
▲ページTOPへ  

4. 送液粘度〔0.3mPa・s〜100万mPa・s〕
低粘度からどんな高粘度であっても送液できます。
粘度に応じたポンプの回転速度と配管関係が適正であれば、送液は可能です。
上記を超える粘度の場合でも、ご相談ください。

5. 吐出量〔微少量 20t/min〜大容量5000L/min〕
小〜大型まで幅広いギヤポンプの製作が可能です。
ギヤポンプは回転速度に比例して、吐出量が変動します。
その定量性を活用して、定量ポンプに使用します。
また無段変速機、インバーター駆動等で吐出量を可変させることもできます。

6. 低温から高温まで対応〔-50℃〜+400℃〕
熱媒油、ポリマー、ピッチ等 最高温度:400℃
ブライン、アンモニア、エンジンオイル等 最低温度:−50℃
様々な温度状況にも対応致します。

7. 多彩な材質の組みあわせが可能
ポンプ材質〔FC, FCD, SC, SUS, ALBC, ハステロイ等〕
(酸、アルカリ、溶剤等対応)
ケース、カバー、ギヤ、シャフト、サイドプレート、メタル、軸シールの様々な材質の組み合わせが可能です。ご相談ください。
▲ページTOPへ  

8.組みあわせ自由な構造
(1)軸シール
 さまざまな種類の軸シールを自社設計・製作しております。
 送液、ポンプの仕様・構造に合わせ、最も適した軸シールを選定することができます。
シールレス式 グランドパッキン式
シールレス式 グランドパッキン式
液漏れなし。
石油製品、化学液、廃液、危険物等。
低粘度から高粘度まで全ての液体に使用出来ます。



シングルメカニカルシール式アウトタイプ KM型 シングルメカニカルシール式インタイプ M型(EM型)
シングルメカニカルシール式
アウトサイドタイプ KM型
シングルメカニカルシール式
インサイドタイプ M型/EM型
ケミカル、薬品、食品液等、SUS製ポンプに使用。 オイル一般、低粘度油及び液体用、 標準タイプ。



ダブルベローズメカニカルシール式 Tv2型 ダブルメカニカルシール式 M2型
ダブルベローズメカニカルシール式
Tv2型
ダブルメカニカルシール式
M2型
耐真空抜出し液、エアー硬化液、加熱液、溶剤、レジン、ワニスポリマー等。 耐真空抜出し液、エアー硬化液、レジン、ワニスポリマー等。



オイルシール式S型(NBR、FKM) テフロンオイルシール式S2型(PTFE)
オイルシール式
S型(NBR、FKM)
テフロンオイルシール式
S2型(PTFE)
低粘度、油、液体の洩れ防止が必要の場合使用。 溶剤、熱硬化ワニス、レジン等、
今までのシールで問題がある場合ご利用いただけます。



シングルメカニカルシール式 インサイドタイプ/オイルシールMS型  
シングルメカニカルシール式
インサイドタイプ/オイルシールMS型
 
非接液外軸受OH型用
オイル全般〜ケミカル、低粘度液、廃液等。
 

(2)安全弁
 ポンプに内蔵させる内蔵安全弁や、配管上に取り付ける単独安全弁のどちらも選択可能です。
(3)ポンプジャケット
 ケース部、軸シール部、ポンプ全体に加温、冷却用のジャケットの装備ができます。
▲ページTOPへ  

9.ポンプの駆動方法
お客さまのご要望に対応いたします。
エアーモーター直結式 ギヤードモーター直結式
エアーモーター直結式 ギヤードモーター直結式
  100万mPa・sまで



モーター直結式 エンジン駆動式
モーター直結式 エンジン駆動式
4Pモーター 約250mPa・sまで
6Pモーター 約1000mPa・sまで
 



変換モーター直結式 Vベルト駆動式
変換モーター直結式 Vベルト駆動式
吐出量に応じて回転速度を可変 4Pモーター 約5000mPa・sまで
6Pモーター 約10000mPa・sまで
上記仕様以外でもご相談ください。
各仕様の範囲は条件によって変わる場合があります。ご相談ください。

▲ページTOPへ  

  ギヤポンプ一筋 80年 技術の大東
ギヤポンプ一筋 73年 技術の大東
TOPページへ English Chinese